おたゆのぶらり一人旅

内定を辞退して、海外に飛び出した僕の自由気ままな旅について綴ったブログ。

【シドニー】1ヶ月働いてみてわかった!UberEATS配達員のメリット・デメリット

スポンサードリンク

 

どうもこんにちは。おたゆです。

 

今回は、オーストラリアでワーホリされている方が大好きな「バイト」の話。

 

僕もシドニー来てから

 

ワーホリ オススメ バイト

 

とか、

 

オーストラリア バイト 稼げる

 

とかとか。

マジで指紋すり減るくらい検索しました。

 

その結果辿り着いたのが、UberEATS(ウーバーイーツ)の配達員

 

で、実はこのバイトを始めてから、早くも1ヶ月経つんですよね!

 

ということで、今回は、実際に1ヶ月働いた僕が、UberEATS配達員のメリット、デメリットについてご紹介します!

 

そもそもUberEATSについて知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

www.otayu-burari.com

 

UberEATS配達員のメリット

f:id:otayu18:20170829184416j:image

誰でも登録できる!

俗に言う「ローカルジョブ」を手に入れるためには、いくつかの壁があるんですよね。

 

もちろんある程度の英語力が必要だし、人によっては何十件もレジュメ(履歴書)を配り歩いたり...。

 

かといって、「日本食レストランはちょっと..」っていう方も多いのでは?

 

結果的に、そうこう考えながら仕事を探しているうちに、物価の高いオーストラリアに貯金を蝕まれていって、、、

 

ありがちなパターンですよね。 (笑)

 

 

それに対して、UberEATSの配達員ならあっという間に働き始められます。

 

面接なし!必要な情報を入力するだけ!

 

誰でも登録できるのは、UberEATS配達員の大きなメリットのひとつです。

 

実際の登録方法については、以下の記事にまとめてみました!

www.otayu-burari.com

日本でUberEATSの配達員を登録する際とは、異なる点もあるようなのでご注意を。

 

 

自分の好きな時間だけ働ける

普通のバイトって、シフトが決まっているので自由が効きませんよね。

 

友人からの突然の誘いも、バイトで断わることに…。

 

そんな経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

 

それに対し、UberEATSの配達員なら全て自分次第!

 

お金がないからもっと働きたい!とか、

 

今日は疲れてるから休みたい…とかとか、

 

いつ働くかはもちろん、

仕事量まで自分でコントロール出来るのは、ホントに便利。

 

 

すでにバイトしてるけど、+αで稼ぎたいって人には最強の副業だと思います。

 

実際、僕はUberEATSの配達員と、もうひとつのバイトを掛け持ちして、週に1000$稼いでいます。

www.otayu-burari.com

 

 

スポンサードリンク
 

 

時給もローカルジョブ並み!

歩合制の仕事なので自分の頑張り次第ですが、時給は誰がやってもそこそこいくと思います!

 

なんたって、バイト初日で、

・アプリの使い方がイマイチわからない

・シドニーの道がさっぱりわからない

という難易度MAXの状況でも、なかなかの時給でしたからね!

www.otayu-burari.com

 

少なくとも、日本食レストランとかに比べると、遥かにマシだと思います。

 

ある程度慣れてきた現在の僕で、時給$25くらいです。

 

ちなみにタイムリーな話で、昨日の売り上げはというと...

f:id:otayu18:20170829183104j:image

約1時間半で$50。

時給$30オーバー。最高かよ。

 

 

 適度な運動で健康的

オーストラリアでワーホリをしている、誰もが抱える密かな悩みが「運動不足」。

 

「お金を払ってジムに通う」という人も多いのですが、貧乏人の僕にはそれも厳しくて…。

 

そこで、UberEATSの配達員ならどうでしょう?

 

適度な運動をしながら、お金も貰える

 

まさに一石二鳥ですね!

 

 

お気に入りのスポットが見つかることも

今、僕はシドニー中心部に滞在しているのですが、行動範囲って限られてくるんですよね。

 

目立った観光名所もない場所とかって、ホントに用事ない限り行かないものです。

 

そこで、UberEATSの配達員ならどうでしょう?

 

もうね、配達先を指定されたら、スーパーで泣き叫ぶ3歳児並みにダダをこねても行かざるをえません。

 

正直、1ヶ月働いた今でも

「はひ?どこここここ?」

っていう配達先が表示されることもありますが、それはそれで行ってみると楽しいんです。

 

ときにはお気に入りのスポットが見つかることもありますしね!

 

僕は配達を切り上げて、観光しちゃったこともあります。

www.otayu-burari.com

 

適度な運動をしつつ、お気に入りスポットを探しながら、お金も貰える。

 

もう一石三鳥ですね。(笑)

 

スポンサードリンク
 

 

UberEATS配達員のデメリット

ぶっちゃけ個人的にはほぼデメリットないんですけど、一応デメリットとして挙げるならこんな感じです。

 

雨の日がツライ...

まあもうこれはデリバリー業の宿命ですよね。(笑)

 

雨の日こそ注文が多いのでお金を稼ぐチャンスなのですが、なんせ家から出たくない!

 

かといって働かないと、お金稼げないし…。

 

ラッキーなことに、僕は配達中に雨に当たることは少ないですが、もし雨季に来ていたらこのバイトは選ばなかったかも…?

 

ただ、雨の日は、

通常の配達料金より30%UP!

なんてボーナスもあるので、めちゃクソ稼げます。

 

もはや、雨の日ですらメリット疑惑…。

 

 

お客さんとのトラブル

UberEATSの配達員は、

配達1件あたり$〇〇

といった具合に、給料が決まる歩合制です。

 

だからできる限りスムーズに配達を終わらせて、次の配達に移りたいわけなんですが、ときには、そう上手く行かないこともあるわけです。

 

最近あったトラブルは、注文したおばあちゃんの住所登録ミスで、配達先に辿り着いたら誰もいない真っ暗なビルだったことです。

 

おばあちゃんに電話してみたところ、ホントの住所はまさかの20キロ先。

 

いくら4つの肺を持つと言われているこの僕でも、さすがに無理だということで断ることに。

 

レストラン側ともいろいろ話しているうちに、この配達だけで1時間経過。

 

結果的に配達を諦めたので、この一件の給料は貰えず、人生最低賃金である時給0円を記録

 

まあこれは稀なケースかもしれませんが、お客さんと連絡つかないことはときどきあるのでご注意を。(笑)

 

 

ついついサボっちゃう

好きな時間だけ働けるのは、間違いなくメリットなのですが、心を強く持たないとついついサボってしまうことも。

 

僕も人生最低賃金を記録した日から数日間は「UberEATS行きたくない病」にかかり、サボってしまった結果、当然給料が減りました。(笑)

 

まあこれはホント自分しだいですね!

 

 

まとめ

 

f:id:otayu18:20170829184315j:image

メリット、デメリットそれぞれあげてみましたが、個人的には間違いなくメリットのほうが大きいと思います!

 

特に、好きな時に、好きな量だけ働けるのはめちゃめちゃデカイです。

 

友人からの突然の誘いにも応えることができますし、金欠ならたくさん働くことも出来ますからね!

 

せっかくのワーホリ生活、より充実した時間を過ごせるようバイトは真剣に選びましょう!

 

それではまた!

 

UberEATSの配達員に登録してみたいなーって人はこちらの記事をどうぞ。

www.otayu-burari.com