おたゆのぶらり一人旅

内定を辞退して、海外に飛び出した僕の自由気ままな旅について綴ったブログ。

本日の天気は雨のちゲロ。世界一美しいホワイトヘブン・ビーチに行ってみた。

スポンサードリンク

 

みなさん、こんにちは。

ただいま、隣で白人カップルが死ぬほどイチャイチャしてる横で、1人寂しく記事を書いております。

どうも、おたゆです。

 

今回は、世界一美しいとも言われるホワイトヘブン・ビーチ(Whitehaven Beach)に行ってきました!

 

ホワイトヘブン・ビーチとは?

ホワイトヘブン・ビーチは、グレートバリアリーフに位置するウィットサンデー島(Whitsunday Island )にあるビーチです。

 

真っ白な砂浜が特徴的で、世界一美しいビーチと称されたことも。

 

今回は、オーストラリア本土の最寄り街、エアリービーチ(Airlie Beach)からボートで向かいました!

 

 

天候はまさかの雨…

いや、もうホントまさかですよ。

ここ最近、晴天続きだったのに、この日に限ってまさかの雨。

しかも結構寒い。

気温は25℃くらいだったけど、風がなかなか冷たい。

 

船乗りのお兄さん方がなにやら相談している様子でしたが、雨天決行することに。

 

ということで、今回は雨の中行ってきました!

 

 

まずはヒル・インレット展望台へ

顔に突き刺さる雨に耐えながら、ボートで移動すること1時間。

無事、ウィットサンデー島に到着!

 

まずはヒル・インレットの展望台を目指し移動します。

f:id:otayu18:20170922141226j:image

道中はこんな感じ。

雨にも関わらず、たくさんの人がいました。

 

 

で、ヒル・インレット展望台からの景色がこちら!

f:id:otayu18:20170922142939j:image

おお!!やべぇーーー!!!めっちゃきれいやん!!!

 

とまではなりませんでしたが、海がグラデーションになってるし、たしかにこれまで見てきたオーストラリアのビーチとは一味違う様子。

 

問題は「雨」。

 

前日から晴天のホワイトヘブン・ビーチへと、イメトレを重ねてきたせいか、僕の目には、どうも物足りなく映ってしまいました…。

 

やはり観光スポットを楽しむなら晴天の日に限りますね…(笑)

 

 

続いてはホワイトヘブン・ビーチへ

ヒル・インレット展望台からの景色を堪能した後は、実際にビーチへ。 

f:id:otayu18:20170922145156j:image

砂浜は真っ白だし、水も透き通っててキレイ!

 

たしかに他のオーストラリアのビーチとは一味違う独特の雰囲気がありました!

 

 

帰り道は大雨、強風。

ホワイトヘブン・ビーチを堪能した後は、こちらのボートで帰宅。

f:id:otayu18:20170922160517j:image

 

で、ボートに乗り込んでから、ますます雨と風が強くなってきたんですよ。

 

雨と風が強くなると、何が起こるか?

 

 

そうです。波が荒れるんです。

 

 

で、波が荒れるとどうなるか?

 

 

船が激しく揺れるんです。

 

 

でね、僕、あんまり乗り物に強くないんです。

 

かといって、「世界一美しいビーチで吐くわけには…」と、必死に堪えてました。

 

 

しかし、そんな僕とは裏腹に船内は大盛り上がり!!

 

ジェットコースター好きの人にはたまらなかったのではないでしょうか?(笑)

 

金髪美女たちの黄色い歓声が飛び交います。

 

それにつられて運転手のお兄さんのバイブスも上がりまくり!!

 

猛スピードでかっ飛ばします。

 

最後には、

 

っしゃーーー!!!みんな捕まれ!!いくぜ!!!!!

 

という、お兄さんの声と共に

 

最終奥義、モンキーターン。

 

とまではいきませんが、華麗に急旋回。

 

大成功で、お兄さんは勝利の雄叫び。

金髪美女たちは大喜び。

僕は一人静かに吐きました。

 

ありがとう、モンキーターン。

 

 

まとめ

f:id:otayu18:20170922140854j:image

今回はせっかくのホワイトヘブン・ビーチでしたが、天候に恵まれなかったのがホントに残念でした。

 

雨でもある程度キレイに見えたので、晴天の日に行けば、間違いなしの観光スポットだったと思います。

 

また、ホワイトヘブン・ビーチに行こうと考えている方は、ヒル・インレット展望台、もしくはヘリコプターや水上飛行機で空から眺めることをオススメします!

 

実際にビーチに降りてしまうと、海のグラデーションを楽しみきることができないのでご注意を。

 

それではまた!