おたゆのぶらり一人旅

内定を辞退して、海外に飛び出した僕の自由気ままな旅について綴ったブログ。

インドの穴場観光地!ハンピが最高だったので、移動方法と楽しみ方をまとめてみた。

 

どうもこんにちは。おたゆです。

 

リアルタイムでは、ニューヨークのタイムズスクエア周辺を彷徨っています。

 

ニューヨーク、すげー都会です。

 

 

最新記事までの旅のルートはこちら。

 

ということで、バンガロールから寝台バスで移動すること約8時間。

南インドの上の方?インドのの真ん中らへん?にある小さな街ハンピにやってきました!

 

ということで、今回はまだまだ日本ではマイナーですが、めちゃめちゃいい街だったハンピについてご紹介します!

 

そもそもハンピとは?

f:id:otayu18:20180226060026j:image

僕自身、インドに来るまで全然知らなかったんですが、バンガロール空港で偶然出会ったお姉さんがオススメしてくれた街がここ、ハンピ

 

もともと全然行く予定じゃなかったんですけど、地図を開いてみると次の目的地「ハイデラバード」への通り道だったので、サクッと行ってみることにしました。

 

日本ではまだまだマイナーなハンピですが、インドを旅している人たちにはかなりメジャーなスポット。

 

というのも、ハンピは昔、ある王国の首都だったということで、その遺跡が数多く残っているんだとか。

 

現在では、世界遺産にも登録されちゃってるんですね!

 

そんなハンピですが、個人的な第一印象はとにかく「岩」

f:id:otayu18:20180226055941j:image

 

オーストラリアのエアーズロックほどではありませんが、デカい岩がそこら中に転がっています!

f:id:otayu18:20180226062144j:image

 

エアーズロックについてはこちら。

www.otayu-burari.com

 

オーストラリアの大自然もよかったですが、遺跡と調和してるハンピの風景も個人的にはオススメです!

 

 

ハンピへのアクセス

f:id:otayu18:20180226060203j:image

ハンピは田舎にあるただの村なので、日本から飛行機で直接向かうことが出来ません!

 

ということで、主要都市となるバンガロール、ゴア、ハイデラバード等からバスや電車を用いて向かうことになります。

 

 

主要都市を経由しないとたどり着けないというアクセスの悪さが、日本でまだまだマイナーな理由かもしれませんね。

 

もちろん、もともと交通費を抑えるために安いバスを多用する傾向にあるバックパッカーのみなさんにとっては、アクセスが悪いと感じることはないとは思いますが(笑)

 

 

前回の記事でも書きましたが、僕はバンガロールから寝台バスを用いて向かいました。

www.otayu-burari.com

 

移動時間は約8時間、移動費は約1000円でした。

ダイレクトでハンピに辿り着くバスと、ホスペットで乗り継ぐバスがあるようなのでご注意を。

チケット購入の際に確認しておきましょう。

 

 

ハンピ観光の楽しみ方

ハンピ村は小さい村なんですけど、実際に観光するとなると意外と広いです。

 

トゥクトゥクのお兄さんに借りたハンピ村の地図がこちらなんですが、

f:id:otayu18:20180219012513j:image

この黒い文字、ほぼ全て遺跡や博物館なんです!

 

おまけに川を渡った対岸側にもオススメの観光スポットがあったりと、マジで見所盛りだくさん。

 

僕は、地図の川から南側に1日、川から北側で1日費やしました。

 

ということで!

今回は、ハンピを一泊二日でを回ってきた僕の考える、オススメの移動方法と楽しみ方をご紹介します!

 

ハンピ村内の移動方法

まずはハンピ村内での移動方法について。

移動方法によって、1日に訪れられる遺跡の数と、費用が大きく異なります。

 

ハンピ村内の移動方法は大きく分けて以下の5種類。

①徒歩

f:id:otayu18:20180219015932j:image

最も移動費を節約できる移動方法は、もちろん徒歩。

 

ハンピ村が意外と広いとはいえど、決して徒歩で回れないわけではありません。

 

実際に僕も最初は徒歩で回ろうと試みました。

が、ハンピには一泊二日の予定だったので、これじゃ間に合わないと思い諦めました。

 

疲れますが、費用はゼロ

時間と体力はあるけど、お金がない人にオススメ。

 

あ、ちなみに写真手前に写っているのはもちろんウンコです。

 

②トゥクトゥク

f:id:otayu18:20180219061553j:image

インドでおなじみの移動手段、トゥクトゥク

タクシーの劣化版みたいなもんですね。

 

一回の移動で利用するのもあり、丸一日チャーターするのもあり。

 

相手は観光客だと思って、ボッタクってきますが負けずに値段交渉しましょう!

お金はあるけど、ラクをしたい人にオススメ。

 

③レンタル自転車

今回、僕は使わなかったのですが、観光客の利用者が多かったのがレンタル自転者。

値段的にも非常にリーズナブル。 

 

宿や飲食店が集まっている街中で借りれます。

 

ぶっちゃけこれが一番無難かも。

 

④レンタルバイク

f:id:otayu18:20180219061124j:image

ハンピ村を自由に駆け回りたい!

そんなあなたにオススメなのが、レンタルバイク。

 

宿や飲食店の集まるハンピ市街地から、川を渡った対岸を観光するときは確実にレンタルバイクがベストです。

 

というのも、対岸側は遺跡から遺跡への距離がめちゃクソ離れているから

 

正直、レンタル自転車では一日で対岸を回りきることは不可能だと思います。

基本的に移動費をケチり続けてきた僕が自信をもって言うので間違いないです。

 

また、バイクに乗って(もちろんノーヘル)でハンピの村を駆け回るのは非常に爽快!

個人的にめちゃおすすめです!

 

⑤ヒッチハイク

旅人の最終奥義、ヒッチハイク。

「お金はかけたくないし、歩きたくもない…。」

そんなあなたにオススメなのが、旅人の最終奥義ヒッチハイク。

 

僕はハンピ観光初日、徒歩で回ろうとして挫折したのでヒッチハイクしました。

 

ハンピはめちゃめちゃ治安がいいので、道端で軽くアピールするだけで簡単に拾ってくれます。

 

絶対4人乗りじゃないトラックに乗せてもらったり、

f:id:otayu18:20180219060942j:image

 

バイクで駆け回るナイスガイに乗せてもらったり、

f:id:otayu18:20180219061015j:image

 

ときには、チャリのハンドルとサドルの間に乗せてもらったり。

f:id:otayu18:20180219061049j:plain

これ、結構マジでケツ割れるかと思いました。
 

安全面に関しては、完全に自己責任です。

が、個人的な感覚ではオーストラリアと同じかそれ以上にヒッチハイクしやすかったです。

 

お金も体力も時間もない、他力本願のあなたにオススメ。

 

 

参考までに、僕自身は今回のハンピ観光にて、

川の南側を、徒歩+ヒッチハイク

川の北側を、レンタルバイク

で移動しました!

 

観光日数、自分のコンディション等々踏まえた上で、最適な移動方法を選択しましょう!

 

 

ハンピの楽しみ方

さてさて、見どころ満載のハンピ。

正直、何もせずとも癒される最高の村なのですが、せっかくなので3つの楽しみ方をご紹介します!

 

①「遺跡」を楽しむ

f:id:otayu18:20180226060345j:image

ヴィルパークシャ寺院やヴィッタラ寺院、アチュタラーヤ寺院などなどハンピはホントに遺跡だらけ。

 

てきとーに村を歩いていれば、大抵遺跡に辿り着きます。

f:id:otayu18:20180226061158j:image

 

牛や象の神様なんかもいて、ホントに見どころ満載。

f:id:otayu18:20180226060512j:image

f:id:otayu18:20180226060449j:image

 

そんな中でもオススメなのが、ハンピのランドマーク的なヴィルパークシャ寺院

f:id:otayu18:20180226050713j:image 

 

この寺院は入場料がかかるし、ぶっちゃけ建物の造りがどうとかはサッパリわかんないんですけど、、、

 

 

 

f:id:otayu18:20180226050931j:image

と戯れることが出来ちゃいます!

 

一緒に写真を撮ることももちろん可能!

f:id:otayu18:20180226051116j:image

女の子あんま楽しくなさそうですけど、これ普通に楽しかったです。

 

てか、、、

f:id:otayu18:20180226052134j:image

この時の肌の色やべえ。

 

②「風景」を楽しむ

岩だらけの村ハンピでは、どこを見ても日本では見られないような風景が広がっています。

 

特にオススメなのは、ハヌマーン寺院から見る景色

 

ハヌマーン寺院に行くには、まずは川の北側へ。

こんな感じの藁で造られた舟に乗り込みます。

f:id:otayu18:20180226060701j:image

 

川の渡場から結構な距離があるのは、向かう際にはレンタルバイクの利用をおすすめします

 

ハヌマーン寺院に着き、ながーーい階段を

f:id:otayu18:20180226052526j:image

登って、

f:id:otayu18:20180226052714j:image

登って、

f:id:otayu18:20180226061315j:image

登った先では、、、

f:id:otayu18:20180226052848j:image

村全体を見渡すことができ、非常に清々しいです!

f:id:otayu18:20180226061508j:image

のんびり昼ごはんを食べてる方々もいました。

 

ちなみに、ここは「モンキーテンプル(猿の寺)」とも呼ばれているだけあり、猿だらけ。

f:id:otayu18:20180226053221j:image

f:id:otayu18:20180226061620j:image

 

見た目はかわいいのですが、人間の持っている食べ物を狙って飛びついてきます。

f:id:otayu18:20180226053311j:image

かわいいので油断しがちですが、一応気を付けましょう。

 

③「食」を楽しむ

観光地でありがちなのが、「観光は楽しいけど、メシが高くてマズイ…」。

 

しかし!

ここ、ハンピは決してそんなことありません!

 

僕がインドに滞在していた中で、一番美味しかったと感じているのが、ハンピで食べた「パニールマサラ」。

f:id:otayu18:20180226053530j:image

 

なんですが、店の名前がどうしても思い出せない…。

 

「〇〇ムーン」みたいな名前だった気がするので、ハンピに行く機会がある人はぜひ探してみてください!

 

スカートみたいの履いた怪しいオッチャンが出てきたらその店で間違いないです。

 

 

そして、店の名前わかったら僕にも教えてください…。

 

 

【おまけ】ハンピの人はセルフィ―がお好き

 インド人は「自撮り」が大好きですが、ハンピの人々は特に大好き。

f:id:otayu18:20180226054038j:image

遺跡の写真を撮っていると、必ずカメラに近寄ってきます。

f:id:otayu18:20180226055341j:image

写真を撮ってあげると、ホントにみんな嬉しそう。

f:id:otayu18:20180226054236j:image

めちゃフレンドリーなのでこっちまで楽しくなります(笑)

f:id:otayu18:20180226061023j:image

ハンピに行ったら彼らとのセルフィーも楽しんでみてくださいね!

 

 

まとめ

f:id:otayu18:20180226054717j:image

岩と遺跡がいい感じに調和してる世界遺産、ハンピ。

 

観光地として有名なインドの都市に比べると、村民の愛想も良く、治安も安心です。

 

日本での知名度はまだまだ低めですが、個人的にはインド有数の観光スポットだと思います!

 

てか、ハンピに行くなら観光地としての知名度が低めの今がチャンスかもしれませんね。

 

インド旅行の際には、ぜひ訪れてみてください!

 

それではまた!