おたゆのぶらり一人旅

内定を辞退して、海外に飛び出した僕の自由気ままな旅について綴ったブログ。

格安で楽しめる!シンガポールのおすすめ観光地3選!

スポンサードリンク

 

どうもこんにちは。おたゆです。

 

先日のキングスキャニオンへのツアーを最後に、オーストラリア出国しました!

www.otayu-burari.com

 

 

ということで、向かった先は、、、

 

 


シンガポール!!!!

 

 

ようやく物価の高いオーストラリアから解放され、東南アジアに突入!

 

物価も安いし豪遊するぜ!!ヒーハー!!!!

 

となるハズだったんですが、、、

 

シンガポールは東南アジア諸国の中で、ズバ抜けて物価が高いんです。つら。

…てか、まあもともと豪遊するお金なんて持ってないですしね。

 

 

しかし、シンガポール。

 

その気になれば、貧乏人でも楽しめちゃいます!

 

ということで!
今回は、格安で楽しめちゃうシンガポールのおすすめ観光スポットをご紹介します!

 

そもそもシンガポールとは?

東南アジアのマレー半島にある小さな国、シンガポール。


地図で見た雰囲気だと、

ん、マレーシアのおまけかな?

って感じですけど、決してそんなことありません!

 

シンガポール、マジでえげつないスピードで発展してますからね。

f:id:otayu18:20171115084603j:image

街には高層ビルが次々と建設されています。

 

また、物価が高いぶん、街の雰囲気も他の東南アジア諸国より断然シャレオツ。

 

シンガポール滞在中には、金持ちそうなおじちゃん、おばちゃんに会うことも度々。

 

 

そんなシンガポールですが、その気になればお金をかけずに楽しむことも出来ちゃいます!

 

ということで、さっそく格安で楽しめる観光スポットについてご紹介していきます!

 

 

格安で楽しめる!シンガポールのおすすめ観光地3選

マーライオン・パーク

シンガポールといわれて、最初に思い浮かぶものといえば、、、

f:id:otayu18:20171115054136j:image
そう、マーライオンですよね!!

 

シンガポールには政府公認で5体のマーライオンがいるんだとか。

f:id:otayu18:20171115054623j:image

その中でも代表的なのが、マーライオン・パークにいるこちらのマーライオンです。

 

 

マーライオン・パークは観光地として大人気!
朝から晩までマーライオンのまわりは観光客で賑わっています。

f:id:otayu18:20171115053941j:image


ちなみに、マーライオン・パークにはもう1匹マーライオンがいます!

それがこちら。

f:id:otayu18:20171115055205j:image
有名なマーライオンに比べて、小ぶりでおまけに顔もかわいらしいですね。(笑)

 

ちなみに、背後に写っているのは先程のマーライオン。

写真でわかるように、ホントにすぐ近くにあります。

 

 

世界三大がっかりのひとつとして、あげられるマーライオンですが、個人的には嫌いじゃなかったです。

 

というのも、さすがシンガポール。

マーライオン周辺がどんどん発展してきているんですね!

 

夜のマーライオン・パークはめちゃ綺麗でした!

f:id:otayu18:20171115061008j:image

 

また、マーライオン・パークの見どころは、決してマーライオンだけではありません!

 

ドリアンの形に似たコンサートホール、エスプラネードシアターオンザベイ

f:id:otayu18:20171115062439j:image

珍しい形の高級総合リゾート施設、マリーナベイサンズなどなど。

f:id:otayu18:20171115062512j:image

360度キレイな夜景が広がっています!

 

また、少し移動した先には、超巨大植物園のガーデンズバイザベイなんかも。

f:id:otayu18:20171115064902j:image

毎日19時45分〜と20時45分〜の2回、音と光の幻想的なショーも行われています。

f:id:otayu18:20171115065238j:image

10分程度の短いショーなので、せっかくなら見ていくことをおすすめします。

 

さて、気になるお値段ですが、マーライオン・パークからガーデンズバイザベイまで全て無料

 

夜のマーライオン・パークはホントにおすすめです!

 

 

 

セントーサ島

おすすめの観光地は中心地のみではありません!

シンガポール中心地から電車で気軽に行ける、セントーサ島

電車賃も往復で300円程度とお手頃です。

 

さてさて、セントーサ島ですが、なんと島全体がリゾート地になっちゃってるんですね!

 

どんなものがあるかというと、、、 

大人気のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

f:id:otayu18:20171115070849j:image

一攫千金を狙えるかもしれない?カジノ

f:id:otayu18:20171115071039j:image

考える人とザ・強そうなおばちゃんなどなど。

f:id:otayu18:20171115071201j:image

 

この他にも、スカイダイビングなどのアクティビティを体験できる施設なんかもあります!

f:id:otayu18:20171115071514j:image

ビーチも一応あるんですが、正直あまりキレイではなかったので期待しないほうがいいかも…。

 

 

そして、セントーサ島の1番おすすめのスポットはなんといってもこれ!

f:id:otayu18:20171115071907j:image

そうです。マーライオン再びです。

しかも、セントーサ島のはかなりデカイ!

 

そして、このマーライオンにはなんと登れちゃうんですね!

 

ということで、登ってきました。

 

入場料は約1000円。

今回の観光における数少ない出費ですし、許される範囲ないでしょう。

 

マーライオンの体内はなかなかシャレオツです。

f:id:otayu18:20171115072623j:image

奥に進むと、マーライオンが誕生するまでの簡単なムービーの上映場があります。

f:id:otayu18:20171115073043j:image

見終わるとマーライオンから幸運を呼ぶ金貨を貰えます。嬉しいですね。

 

で、エレベーターを使って一気にマーライオンの頭部へ。

 

マーライオンの頭の上と

f:id:otayu18:20171115073310j:image

口の中からの景色を楽しむことができます。

f:id:otayu18:20171115073444j:image

まあぶっちゃけ、そんな高さがあるわけではないので、感動は薄いです…。

が!

マーライオンの中にいる」ということが重要です。自分を鼓舞しましましょう。

 

ということで、マーライオンの中に入ることなんて人生で何度もあることではありません!

 

1度は経験しておくことをおすすめします!

 

 

テロック・エア・マーケット

せっかくシンガポールに来たからには、名物も楽しみたいですよね!

f:id:otayu18:20171115074754j:image

様々な名物料理を楽しむのにおすすめなのがここ、テロック・エア・マーケットです。

f:id:otayu18:20171115075244j:image

テロック・エア・マーケットはピンキリではあるものの値段はお手頃。

500円程度で十分ローカルフードを楽しめます。

今回が僕が食べたのは、シンガポールで定番のチキンライス。

f:id:otayu18:20171115075536j:image

お値段は約300円。

タレがはみ出てるのは気にしたら負けです。

 

シンガポールのチキンライス、めちゃクソまいうーです。

みなさんもぜひ食べてみてくださいね!

 

シンガポールはスイーツも豊富!

今回は、店のおばちゃんおすすめのかき氷みたいなやつを食べてみることに。

 f:id:otayu18:20171115080742j:image

これね、かなりデカイです。

 

デカイわりに200円くらいとお手頃価格なので、現地の方々から人気なんだとか。

 

肝心のお味は、、、

 

 

めちゃクソただのかき氷でした。

ピンクがイチゴ、黄色が黒糖っぽい味。

 

これ食べてると普通に頭キーンってなります。

おまけにデカイので全然食べ終わりません。

 

おばちゃん、絶対つくるのが簡単だから、おすすめしました。間違いありません。

 

おばちゃんに絶望しながら、かき氷を食べていた僕でしたが、ひとつだけ楽しみが残っていました。

 

実は見ちゃったんですよね。

 

おばちゃんがつくってるときに、かき氷の底に何か入れているのを!!!

 

僕の名推理では、店頭にマンゴーが飾られてたので、マンゴーが入ってるはず。真実はいつもひとつ。間違いありません。

 

 

ということで、底だけを目指してひたすら食べ続けました!

 

 

で!!

 

 

出てきたものは!!!!

 

 

 f:id:otayu18:20171115080809j:image

 …おばちゃんグッジョブ。

 

 

 

まとめ

今、まさに物凄いスピードで発展し続けているシンガポール。

f:id:otayu18:20171115084437j:image

街の雰囲気も他の東南アジア諸国とは異なり、高層ビルが立ち並んでいました。

 

そして、東南アジアで最も物価の高いシンガポールですが、遊び方によっては格安で楽しむことも可能です!

 

結局、どこの国でもお金が無いなら、お金が無いなりに楽しめるということですね。(笑)

 

自分の資金にあった楽しみ方を探してみてください!

 

それではまた!