おたゆのぶらり一人旅

内定を辞退して、海外に飛び出した僕の自由気ままな旅について綴ったブログ。

ビエンチャンのブッダパークがあまりにもブッダすぎた件について。

 

どうもこんにちは。おたゆです。 

 

リアルタイムでは、ついに南米上陸。

ブラジルのサンパウロに到着したとこです。

地球の裏側で、10か月ぶりのすき家。

なんか日本で食べるよりまいうーです。

 

 

実際の旅のルートはこちら。

 

さてさて、バンコクからギリギリで夜行列車に駆け込み、ラオスの首都ビエンチャンに無事到着!

 

ということで、今回はビエンチャンについて!

 

バンコクからビエンチャンへの移動についてはこちら。 

www.otayu-burari.com

 

ビエンチャン?どこそこ?

さてさて、ビエンチャン。

首都ではあるんですが、ぶっちゃけラオスに来るまでサッパリ知りませんでした。

 

ラオス」って国名は聞いたことあっても、「ビエンチャン」って首都名はあんま聞かないですよね?

 

てか、そもそも日本いる時に「ラオスの首都は…」なんて考えたことすらありませんでしたしね…。(笑)

 

 

ラオス行ったことないのにビエンチャン詳しい人なんかは、もはや変態です。

 

 

ビエンチャン、最高すぎた。

そんな影が薄めのビエンチャンですが、、、、

 


めちゃめちゃ居心地がいいとこでした!!!

 

 

これまで訪れたタイやマレーシアもいいとこだったんですが、ビエンチャンはもっと温和な雰囲気

 

バンコクと比べると、パリピの少ない田舎っぽい感じです。

 

自分が田舎っぺのせいか、個人的にはタイよりラオスが好きかも。

 

 

 

そして、食べ物もめちゃウマです!

 

大きな肉を串刺しにして焼いたビン・カイや、

f:id:otayu18:20180119234747j:image

 

ベトナムのフォーに似たカオ・ピヤック・セン、

f:id:otayu18:20180119234835j:image

 

お粥のようなカオピアックカオ、

f:id:otayu18:20180119235533j:image

 

芋とバナナとなんかの花を揚げたやつなどなど。

f:id:otayu18:20180119234931j:image

 

個人的には、揚げバナナと、フォーに似た料理がお気に入りでした。

 

ビエンチャンの観光名所といえば…

そんな、ビエンチャンの観光名所といえば、パトゥーサイ

f:id:otayu18:20180119235052j:image 

パリの凱旋門を真似て造られたという、ビエンチャンのランドマーク的な存在。

 

一見の価値あり!!

 

ということで行ってみましたが、

 

ぶっちゃけ「あ、これパトゥーサイねー。ぷーん。」ってレベルでした。

 

 

下から見たパトゥーサイはこんな感じ。

f:id:otayu18:20180120003853j:image

 

入場料が3000キップ(約40円)だったので、パトゥーサイの展望台にも登ってみました。

※1JPY≒約75LAK 2018.1.19現在

f:id:otayu18:20180120000332j:image

 

展望台からの風景はこんな感じ。

f:id:otayu18:20180120000151j:image

f:id:otayu18:20180120000229j:image

 

こちらも正直、

「まあたしかにいい眺めなんだけど…」

ってレベル…。

 

まあ入場料40円なので、せっかくなら登ってみることをオススメしますが。(笑)

 

 

 

本当にオススメな観光名所は…

パトゥーサイだけじゃ物足りなかったので、他のビエンチャンにある観光スポットを調べてみましたが、行きつくのはタート・ルアンやワット・シーサケットなどの

 

寺はタイでたくさん見てきたとこだったので却下。

 

タイのお寺についてはこちら。

www.otayu-burari.com

 

 

ということで、「他になんかないかなー」と思っていたところ、、、

 

見つかりました。怪しいやつ。

 

その名も「ブッダパーク」。

 

 

ブッダパークへのアクセス・入場料

本名は「ワット・シェンクアン」。

 

まあ覚えにくいので、ここでは「ブッダパーク」と呼びますね。(笑)

 

 

ブッダパークへは、ビエンチャンからバスで1時間弱。

 

ラオスの人は親切なので、バスターミナルで

「ブッダパーク行きたい!ブッダパーク!」

って言うと、どのバスか教えてくれます。

 

バス代はたしか6000キープ(約80円)。

 

ちなみに、ゴリゴリに元日本のバスです。

f:id:otayu18:20180120001534j:image

 

バスはブッダパークの目の前で停まるので、非常にラクチンです。

f:id:otayu18:20180120000553j:image

入場料10000キープ(約130円)払って、いざブッダパークへ。

 

 

ブッダパーク、あまりにもブッダパーク。

ブッダパーク、一体どんな場所かというと…

f:id:otayu18:20180120001631j:image

寝転がってTV見てるブッダ。

 

f:id:otayu18:20180120001731j:image

なんか強そうなブッダ。

 

f:id:otayu18:20180120001926j:image

我愛羅みたいな技使っちゃってるブッダ。

 

f:id:otayu18:20180120002055j:image

ブッダに囲まれたブッダ。

 

f:id:otayu18:20180120002141j:image

頭からブッダ生えちゃってるブッダの上にブッダ。

 

 

なんというか、その、想像以上にブッダでした。

 

ちなみに、、、

f:id:otayu18:20180120002734j:image

このシンデラが乗りそうなカボチャのブッダの中には、入ることも出来ちゃいます。

 

入場料3ブッダ。

 

中にいるのは、、、

f:id:otayu18:20180120002924j:image

もちろんブッダです。

 

して、カボチャのブッダ、強いです。

なんと頭の上に登ることも出来ちゃいます!

 

上から見渡した景色はこちら。

f:id:otayu18:20180120003342j:image

絶景とか、キレイとかってより、ブッダ。

 

一日で一生分のブッダいただきました。

 

 

 

まとめ

f:id:otayu18:20180120001351j:image

ラオスの首都、ビエンチャン。

観光名所っぽいところは大してありませんでしたが、ホントにいい街でした。

 

正直、メコン川周辺を散歩して、夜にナイトマーケットで美味しい料理を食べるだけでめちゃめちゃ癒されます。

 

また、夜になるとビリーズブートキャンプばりのエクササイズ集団が現れたり、

f:id:otayu18:20180120000957j:image

 

野外に筋トレ設備なんかもあったり!

f:id:otayu18:20180120000714j:image

まあ重りはないですけどね。

 

 

とりあえずホントにいいとこなんです。

 

 

まあ、結局なにが言いたいかというと、、、

パトゥーサイより、ブッダパーク。

 

一見の価値ありです。

 

 

それではまた!