おたゆのぶらり一人旅

内定を辞退して、海外に飛び出した僕の自由気ままな旅について綴ったブログ。

お金がなくても旅はできる!食費も宿泊費も無料になっちゃうWorkaway(ワークアウェイ)とは?

スポンサードリンク

 

どうもこんにちは。おたゆです。

 

最近、オーストラリアを周り始めた僕ですが、ひとつ重大なことに気づいちゃったんですね。

 

 

 

あれ???普通に金足りなくね?

 

って。

 

 

おかげさまで、数日前まで20枚入りで$0.85の食パンに、12個入りで$5のチョコムースをつけて、腹を満たすという日々が続いていました。

f:id:otayu18:20170910194811j:image

 

こんな仁井田紀之みたいな生活は嫌だ…

(あ、仁井田紀之とは、地球で3番目に貧乏なインド人の僕の友人のことです。)

 

と思っていたところ、ついに見つけてしまったんですね。

お金がなくても海外に滞在する方法を。

 

その名もWorkaway (ワークアウェイ)

もうこれまじで最強です。ホント最強。

 

Workaway (ワークアウェイ)とは?

 

f:id:otayu18:20170911212050p:plain

Workaway(ワークアウェイ)とは、

「宿と食事を提供する代わりに、お手伝いしてほしいな!」っていうHost(ホスト)と、「働く代わりに、ごはん食べたいな!泊めてほしいな!」っていうWorkawayer(ワークアウェイヤー)をマッチングさせるサービスです。

 

似たようなサービスとして、Couchsurfing(カウチサーフィン)やWWOOF(ウーフー)なんかもありますよね。

 

・Couchsurfing(カウチサーフィン)

異文化交流する代わりに、宿を提供してもらえるサービス。

 

・WWOOF(ウーフー)

農業を手伝う代わりに、宿を提供してもらえるサービス。

 

今回は、僕らWorkawayer側の視点からこのサービスについて触れていきたいと思います!

 

 

気になる仕事内容は?

「え、なんも特別なことできないっす…」

って人でも大丈夫!

 

多くの募集内容は、誰にでもできることばかり。

・子どもの遊び相手になってほしい!

・庭の手入れを手伝ってほしい!

・野生動物のボランティアを一緒にしましょう!

などなど。決して特別なスキルは必要ありません。

 

例えば、僕が実際に行った仕事は、庭の草刈り。

f:id:otayu18:20170911211404j:image

この草刈り機を押すだけ。誰にでもできるでしょ?(笑)

 

 

Workawayを使うメリット

①タダで滞在できる!

なんと言ってもこれ。

自分で「食」と「住」を用意するとなると、なかなかの出費になりますからね…。

 

出来る限りお金を抑えたいバックパッカーには非常に助かりますよね! 

f:id:otayu18:20170911211259j:image

ときにはめっちゃいい部屋を与えてもらえることも。(笑)

 

②現地の人と仲良くなれる!

Workawayを使うと3秒で現地の友達ができます。必然的に。

まあぶっちゃけフレンドリーな人であれば、どこでも友達はつくれると思いますが、

「いやいや、内気な日本人だしそんなの無理ぽよ…」

って人はこのWorkawayをきっかけに交流の輪を広げてみてはいかがでしょうか?

 

③現地の生活を体験できる!

僕が、今回このサービスを使った一番の理由がこれです。

現地の様子を見るのと、実際に生活するのは全くの別物

同じ屋根の下で生活してみることで、見えてくることはたくさんあります。

 

また、日本ではマイナーなスポットが、現地の人々には人気だったり。

 

よくTV番組で地元の特集が放送されても、

「いや、そこあんま人気ないとこでしょ…。この番組全然わかってないじゃん…。」

みたいになることありますよね?

まさにそんな感じです。

 

せっかくなら現地の人々の街の楽しみ方も学んできましょう!

 

スポンサードリンク
 

Workawayを使う際の注意点

①自分が「ボランティア」であることを忘れない

「労働力」と引き換えに、「食事」と「宿」を提供してもらうわけですが、あくまで僕らはボランティアです。

 

自分のお金で、ご飯を買っているわけでも、ホテルに泊まっているわけではありません。

 

大抵のことは、ホストの生活に合わせること。

そして、それを楽しむ心構えを持って臨みましょう。

 

②ホストが安全かどうかチェックする

Workawayはお互いの信頼関係で成り立っているサービスですが、ホストが全員良い人というではありません。

カウチサーフィンでも一時期問題になりましたが、悪用しようとする人もいるわけです。

 

特に女性が一人でこのサービスを利用する場合、注意が必要です。

ホストのレビューをしっかり確認したうえで、選ぶようにしましょう

 

 

まとめ

 

f:id:otayu18:20170912095445j:image

1日に数時間のお手伝いするだけで、食事と宿を提供してもらえるWorkaway。

海外滞在費用を抑えられるのはもちろん、現地の人々の生活を経験出来るというのは最高ですよね!

 

「WWOOFみたいな農業系はちょっと…」

という人でも気軽に利用できるし、

「タダで泊めてもらうだけのCouchsurfingは気が引ける…」

という人でもボランティア要素の含まれるWorkawayなら、気兼ねなく滞在できるのではないでしょうか?

 

個人的にはめっちゃオススメのサービスです!

 

お金がないけど海外滞在したい…

現地の人と交流してみたい…

 

という方はぜひ利用してみてください!

 

 

実際に、Workawayを利用すると、どんな生活が待っているのか?

気になる方はこちらの記事もどうぞ。

www.otayu-burari.com

 

それではまた!