おたゆのぶらり一人旅

内定を辞退して、海外に飛び出した僕の自由気ままな旅について綴ったブログ。

バンコクからノーンカイ経由でビエンチャン!夜行列車での移動方法まとめ

 

どうもこんにちは。おたゆです。 

 

リアルタイムでは、スペインのセビリアにいます。

フラメンコからのパエリア。最強です。

 

実際の旅のルートはこちら。

 

 

さてさて、タイ人のアドバイスをもとにバンコクを思う存分堪能したので、次の目的地ラオスへ。 

 

バンコクについてはこちら。

www.otayu-burari.com

 

今回は、バンコクからラオスの首都ビエンチャンまでの移動方法についてサクッとまとめてみました。

 

バンコクからビエンチャンへの移動

バンコクからラオスの首都ビエンチャンへは、

夜行列車でバンコク→ノーンカイ

国際バスでノーンカイ→ビエンチャン

といったルートで移動しました。

 

詳しい値段等は忘れてしまいましたが、様々なルートを考慮した結果、これが一番安かったはず。

たしか、総額700円とかだったような…。

 

 

バンコク→ノーンカイ

バンコクのファランポーン駅でチケット購入し、乗車。

f:id:otayu18:20180114190133j:image

 

なかなか立派な駅で、たくさんの人が列車を待っていました。

f:id:otayu18:20180114190213j:image

 

ホームはこんな感じ。

f:id:otayu18:20180114190636j:image

 

ここで問題発生。

 

チケット売り場で聞いた発車ホームと、電光掲示板に表示されている発車ホームが違ったので、ホームにいた駅員さんに尋ねることに。

 

駅員さん、さらに別のホームを教えてくれました。

 

バンコク素敵です。

 

で、助けれくれたのがこちらのおばちゃん。

f:id:otayu18:20180114190923j:image

 

このおばちゃんあんま英語話せないんですけど、

「ノーンカイ??ノーンカイ??オーケー!オーケー!!ベリーベリーオーケー!!!!」

 

ということで、自信満々で発車ホームに案内してくれました。

 

おばちゃんの話だと、電車は遅れているがとりあえず待っとけとのこと。

 

待つこと数十分。

ノーンカイ行き列車が発車するとのアナウンスが入ったらしく、突如おばちゃんが険しい顔つきに。

 

 

余裕で発車ホーム間違えてました。

 

 

まあ結果的には、おばちゃんのおかけで2人で駆け込み乗車することが出来ましたけどね。(笑)

 

 

ちなみにおばちゃん、ノーンカイ行き列車の清掃スタッフでした。 

乗り遅れてたら普通にやばかったじゃん…。

 

列車内で出会った際には、トイレットペーパー1ロールくれました。

これでケツを拭けということですね。助かります。

 

 

車内はこんな感じ。

f:id:otayu18:20180114191521j:image

席は直角で倒れないし、足元ではゴキブリがカサカサ。

 

ついでに、僕の席は窓が壊れていて夜間はなかなかの冷え込むというベストコンディションぶり。

 

まあこの辺は、値段が値段なので割り切りましょう。(笑)

 

 

ということで、そんなこんなでノーンカイ駅到着。

 

 

ノーンカイ→ビエンチャン

ノーンカイ駅からは近くのバス停まで移動し、ビエンチャン行きの国際バスに乗り込みます。

f:id:otayu18:20180114191755j:image

 

駅前には例のごとくトゥクトゥクのおじさん方が待ち構えており、声をかけてきます。

 

が、バス停まではそんなに遠くないので節約したい人は無視して徒歩で向かいましょう。

 

バス停はこんな感じ。

f:id:otayu18:20180114191839j:image

 

で、バスに乗り込んだら、あっという間にイミグレ到着。

f:id:otayu18:20180114191910j:image

 

イミグレ通過後は、メコン川を越えてあっという間にラオスへ。

f:id:otayu18:20180114192005j:image

 

はい、ビエンチャン到着です。

 

お疲れさまでした。

 

 

 

まとめ

バンコクからビエンチャンへは、列車、バス、飛行機など様々な方法で移動できます。

 

列車ひとつにしても、1等から3等まであり、エアコン付き、ファン付き、寝台などなど。

 

お財布と相談して自分にあった移動手段を選びましょう。

 

まあ移動費を節約したい人は、3等列車一択ですけどね!

 

それではまた!